ユニフォームのお悩み解決

投稿者: ショーコ  の投稿一覧へ

2021.08.5

夏にコックコートを涼しく快適に着る工夫

夏にコックコートを涼しく快適に着る工夫

こんにちは、制作スタッフのショーコです。8月に入り、もう夏本番ですね。
猛暑見解2021(ウェザーニュース)で「今年の夏は例年より暑い!」と予想されていた通り、少し外に出ただけでも汗が滲みますね。室内には冷房があるとは言え、火を扱う飲食店の厨房で働くスタッフさんには中々厳しい季節。特に「コックコートが暑い!」とお悩みの人も多いのでは?そこでこちらでは、夏にコックコートを快適に着る工夫をご紹介します。

【1】涼しい素材のコックコートを選ぶ

おすすめは「綿(コットン)」と「麻(リネン)」の混紡率が高いコックコート。どちらも天然素材で肌に優しく、汗をしっかり吸収して蒸れにくいのが特長です。

吸水性が高く肌触りの良い「綿(コットン)」

綿

ふんわりとして肌触りが気持ち良い上、吸水性と通気性に優れているのでタオルや下着などでもおなじみの素材です。なめらかな風合いは敏感肌や肌の弱い方にも快適な着心地で、見た目もカジュアルになり過ぎず使用シーンを選ばない汎用性の高さもあります。ただし、吸水性が高い反面乾きが遅く、汗に濡れて重くなることもあります。

速乾性に優れ独特な風合いのある「麻(リネン)」

麻

シャリッとした肌触りに、速乾性の高さが魅力。汗を吸ってもびしょびしょに濡れたり、肌に張り付いたりしにくいのが特長です。着用を重ねるごとに味が出る素材ですが、ナチュラルでシワ感のある風合いのためカジュアルな印象が出ます。お店の雰囲気に合わせてチョイスしてください。

なお、ポリエステルは吸湿性や通気性のない素材ですが、速乾性に優れ、サラサラとした快適な着心地をキープします。また、天然素材は水分をよく吸う分乾いた時に縮んだりシワになりやすいのですが、ポリエステルにはそういった弱点はありません。ですので、上記の天然素材100%のコックコートだけでなく、ポリエステルが混紡されている物も選択肢に入れてみてください。

なお、飲食店ユニフォーム専門店「ユニコレ」でも、上記のようなコックコートを多数取り扱っています。気になる方はぜひサイトにお越しくださいね♪
>>夏におすすめ素材のコックコートはこちら

【2】インナーを見直す

コックコートの下にインナー

手持ちのコックコートに夏に適した素材の物がない、すぐに買い換えるのが難しい場合は、インナーを見直してはいかがでしょうか。
上で紹介した「綿」はインナーの素材としてもオススメですし、他にもメッシュ素材や、接触冷感・防臭加工を施した機能性肌着も多く出回っています。また、コックコートが薄手の場合は、襟ぐり・袖ぐり・裾の縫い目が目立たないインナーを選べば、コックコートにインナーのラインが響かずスタイリッシュに着こなせますよ。

【3】濡れタオルをまく

首に濡れタオルを巻く

今すぐ手軽に涼しさを取り入れる方法が、フェイスタオルを水に濡らして首に巻くことです。首には太い血管があり、そこを冷やすことで体全体を効率的に冷やすことができ、体温上昇を防ぎます。なお、熱中症が疑われる場合には、首の他、同じく太い血管が走っている脇の下と太ももの付け根を冷やすことが環境省の熱中症予防情報サイトで推奨されています。
なお、ユニコレでは「アイスネッククーラー」という暑さ対策グッズも取り扱っています♪

アイスネッククーラー(返品不可商品)[ボストン商会製品] 98318

【4】厨房に熱を溜めない

コックコートを快適に着るには、厨房自体の温度管理も大切。特に、厨房で発生した熱をスムーズに外へ排出することが重要です。そこで、排気設備の入り口部分に設置されている「グリスフィルター」の状態をチェックしてみてください。汚れや目詰まりが発生していると、ファンやフードに問題がなくてもスムーズな排気が行えていない場合があります。定期的な掃除を習慣づけるとGOODですね★

厨房の暑さ対策に関しては、こちらの記事でもご紹介していますのでぜひご一読ください。

[オマケ]業界初、空調服™コックコート

熱中症予防に役立つと、SNSでも話題の「空調服™」。現場作業者の間で熱中症対策として活用されているので、工事現場などで着ている人をみたことがある人も多いのでは?
その空調服™に、なんと厨房用のタイプが登場。飲食店向けサービスユニフォームを製造しているチトセ株式会社より空調ファンが付いたコックコートが発売されたんです!
特長などの詳細はこちらの記事で説明しているので、気になる方は要チェックです♪

今回は暑い夏にコックコートを快適に着る工夫をご紹介しました。
まだまだ暑い日が続くので、熱中症にも充分気をつけてお仕事に励んでくださいね!

コックコート・コックシャツに合う帽子帽子がおしゃれ!コックコート・コックシャツのカジュアルな着こなし前のページ

シェフの正式な服装であるコックコートとは?特徴や正しい着方を解説次のページシェフの正式な服装であるコックコートとは?特徴や正しい着方を解説

関連記事

  1. アイテムの知識

    ズボンの裾上げ|代表的な種類と詳しい方法をご紹介

    ユニフォームの見た目にズボンの裾丈が適切かどうか、また…

  2. 飲食店では衛生管理が最重要|必要性から実践方法まで

    ユニフォームのお悩み解決

    飲食店では衛生管理が最重要|必要性から実践方法まで

    飲食店を経営する上では、衛生管理が何よりも重要です。新型コロナウイ…

  3. 肩こりにお悩みの方はエプロンの見直しを

    アイテムの知識

    肩こりにお悩みならエプロンの見直しを!負担を減らす付け方と選び方

    調理や洗い物など、下を向く場面も多い飲食業のお仕事。…

  4. ズボンの裾上げに最適な手縫いの種類5つ|綺麗に仕上げる方法

    ユニフォームのお悩み解決

    ズボンの裾上げに最適な手縫いの種類4つ|綺麗に仕上げる方法

    既製品のズボンは万人に合うよう作られていますが、必ず自分にぴったり…

  5. 服についた油汚れの落とし方|洗濯方法や汚れを落とすコツを紹介

    ユニフォームのお悩み解決

    服についた油汚れの落とし方|洗濯方法や汚れを落とすコツを紹介

    仕事や食事などの何気ない日常生活の中で、食べ物の油汚れが服につくこ…

  6. 【飲食店】ユニフォームの選び方!失敗しない制服選びのポイント

    ユニフォームのお悩み解決

    【飲食店】ユニフォームの選び方!失敗しない制服選びのポイント

    新規開業やリニューアルオープンに伴い、飲食店のスタッフにユニフォー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 【男女別】ポロシャツのサイズの選び方|日本と海外の違いも解説
  2. ズボンの裾上げに最適な手縫いの種類5つ|綺麗に仕上げる方法
  3. 夏にコックコートを涼しく快適に着る工夫
  4. シェフの正式な服装であるコックコートとは?特徴や正しい着方を解説
  5. コックコート・コックシャツに合う帽子
PAGE TOP