• 衛生対策ユニフォーム特集
  • カジュアルワークウェア「BONMAX」登場
  • 老舗メーカーが手掛ける高い完成度のユニフォーム
  • 420円から揃うウェア。トムスのコスパ抜群Tシャツ
  • 2020年度新商品登場。最旬ワードローブが勢揃い!
  • 衛生対策ユニフォーム特集
  • カジュアルワークウェア「BONMAX」登場
  • 老舗メーカーが手掛ける高い完成度のユニフォーム
  • 420円から揃うウェア。トムスのコスパ抜群Tシャツ
  • 2020年度新商品登場。最旬ワードローブが勢揃い!
 

和食・割烹をはじめとした幅広い調理シーンに

どんなサイズもご相談ください!スタイルに合わせたオーダーメイド(別寸サイズ)も可能です。

おすすめの調理用白衣

おすすめの調理白衣 衿付調理衣長袖[男子][KAZEN製品] 310-30

F002-310-30

衿付調理衣長袖[男子][KAZEN製品]

2,800円(税抜)

おすすめの調理白衣 衿付調理衣半袖[男子][KAZEN製品] 312-30

F002-312-30

衿付調理衣半袖[男子][KAZEN製品]

2,720円(税抜)

おすすめの調理白衣 白衣長袖[男子][チトセ製品] AB6406

F004-AB6406

白衣長袖[男子][チトセ製品]

1,970円(税抜)

おすすめの調理白衣 白衣半袖[女子][チトセ製品] AB6405

F004-AB6405

白衣半袖[女子][チトセ製品]

1,910円(税抜)

おすすめの調理白衣 調理衣メンズ7分袖[住商モンブラン製品] 1-617

端正な雰囲気を醸し出すノーカラータイプ

おすすめの調理白衣 ジンベイ[男女兼用][チトセ製品] DN8022

日本料理の仕事着を世界へ

調理白衣の人気ランキング

いま売れている調理白衣はこれ!商品選びでお悩みなら人気ランキングからのお探しをおすすめします。
人気ランキングをもっと見る

シーン別で選ぶ調理白衣

和の厨房で活躍する白衣 和食店・割烹

和の厨房で活躍する「和食店・割烹店向け」ユニフォーム

機能性と動きやすさを両立 食品工場用白衣

機能性と動きやすさに特化した「食品工場用」ユニフォーム

幅広いシーンで使える定番白衣 中華料理・食堂

食堂や中華料理店をはじめ幅広いシーンで使える定番調理衣

カラー使いの調理ウェア スーパー・フードコート・ファミレスなどに!

お客様に華やかな明るさを与えるカラー使いの調理衣

調理白衣をタイプ別で探す

調理白衣 作務衣タイプ

プロフェッショナルの風格漂う作務衣タイプ

調理白衣 襟ありタイプ

きちんと感のある襟ありタイプ

調理白衣 襟なしタイプ

シーンを問わず着られる襟なしタイプ

長袖調理白衣

定番の長袖スタイル

半袖調理白衣

暑い調理場も快適に。半袖スタイル

七分袖調理白衣

スタイリッシュに着られる七分袖

調理白衣とセットで揃えるアイテム

厨房・調理パンツ

調理白衣とセットで使えるズボン

和帽子

和の厨房に欠かせない和帽子

和風エプロン

調理白衣とセットで使える和風エプロン

コックシューズ

滑りやすい環境でも快適に動けるコックシューズ

衛生帽子

異物の混入を防ぐ衛生帽子

厨房エプロン

白衣と一緒にご準備を。厨房用エプロン

あなたのお店の個性を出すユニフォームアレンジ

調理白衣に刺繍、入れられます。ご依頼件数は年間数万件!

■おすすめの刺繍スタイル

お好きなワンポイント×文字の組み合わせで、まるでオリジナルデザインの調理白衣に。機能性を重視ながらもデザインにもこだわりたい、お客様の目にとまった際にお店の名前を覚えて貰いたい‥‥そんな時は刺繍を生かしたアレンジがおすすめです。

刺繍が映える調理白衣

調理・厨房白衣のページです。

ユニコレは飲食店ユニフォームの通販 販売シェア&お客様満足度1位!
調理・厨房白衣を長袖や半袖、襟ありなし、食品工場用、ブランド白衣など用途や業種ごとに幅広く販売しています。

この商品に似た商品を探す

商品別で探す

業種から探す

機能性とデザイン性を両立する調理服(調理白衣)

調理服(調理白衣)は、その名のとおり厨房に立つコックや料理人など、調理担当者が着る制服のことです。かつて厨房は店舗の奥にあり、調理担当者の姿をお客様が目にする機会は多くありませんでした。しかし近年では、オープンキッチンなども増え、ダイナミックに調理をする様子そのものがアピールポイントになっているお店が少なくありません。そのため、料理の味や出来栄えのみならず、調理服(調理白衣)に代表される料理人の見た目の清潔感や、美しさが重視されるようになってきました。

調理服(調理白衣)を選ぶ際は、第一に作業がしやすいかどうかを確認しましょう。その上で、厨房の環境や店舗の雰囲気に合わせたデザインを選択することが大切です。例えば厨房内での動きが多く、頻繁に火を使う環境であるならば、半袖の調理服や薄手の生地の商品を選ぶことで、調理担当者の快適さにつながり、見た目に涼しい印象を与えることができます。
併せて、襟がついているかどうか、作務衣型などの和風スタイルか洋風のタイプか、清潔感を伝える白色か上質な印象を与える黒色かなど、店舗としてお客様に感じていただきたいイメージを考慮して選ぶといいでしょう。