その他

公開日:2022.03.25  最終更新日:2023.09.12

接客業の服装マナー|お客さんからの印象を良くする身だしなみを解説

飲食業などの接客の機会が多い業種では、提供する料理やサービスの内容も重要ですが、スタッフの服装や身だしなみから感じられる印象を良くすることも大切です。それでは、どのようなポイントを押さえると、接客業に適した服装や身だしなみを整えることができるのでしょうか。

この記事では、接客業における服装・身だしなみの重要性や、お客さんからの印象が良くなる服装や身だしなみのポイントについて解説します。接客業における従業員・社員の服装や身だしなみに関するマナーを理解して、お客さんからの印象アップを目指しましょう。

1.接客業では服装がお客さんからの印象を決める

飲食業などの接客業では、幅広い年齢層のお客さんを接客することから、どの年代の人から見ても不快感や不信感を持たれない服装・身だしなみをすることが大切です。年齢層が高くなるほど、服装や身だしなみに厳しい人が多くなる傾向がある点にも注意しましょう。

また、飲食業では食品を扱うため「清潔感」が重視されます。さらに、「服装や身だしなみのマナーや規則・規定を守ること」は、衛生面に関する規則を守っているとお客さんにイメージしてもらうことにもつながります。

このように、接客業では服装や身だしなみがお客さんからの好感度を大きく左右する要因となります。「お客さんからどのように見られているか」を意識することを心がけましょう。

2.お客さんからの印象が良くなる接客業の服装の3つのポイント

接客業においてお客さんからの印象を良くするためには、業種や職種に適した服装選びをすることが大切です。会社で指定の制服を用意する場合でも、私服勤務とする場合でも、周囲の人から好印象を持たれるよう配慮しましょう。

ここでは、お客さんからの印象が良くなる服装について、注目すべき3つのポイントを解説します。お客さんから好印象を抱かれやすい服装の特徴をチェックし、制服の選定や私服のルール設定に生かしましょう。

2-1.清潔感のある服装

清潔感を重視した服装は、TPOや年代を問わず、お客さんから良い印象を持たれやすい傾向があります。仕事ができるイメージや信頼できるイメージを持たれやすいため、企業のイメージアップにもつながるでしょう。

■清潔感のある服装にするためのポイント

●毛玉やほつれ、シワに注意する

毛玉やほつれ、シワがあるなど、お手入れが行き届いていないことが目立つ服装は、周囲の人にだらしない印象を与えてしまいます。毛玉取りやアイロンなどで適切なメンテナンスを行いましょう。

●体格・体型に合った服装にする

体格や体型に合っていない服装は、だらしない印象やみっともない印象を持たれやすいです。清潔感をアピールするためにも、ジャストサイズの服をすっきりと着こなしましょう。

●清涼感のある明るい色合いの服装にする

飲食業など幅広い年代のお客さんを接客する業種では、ビビットな原色や暗く重たい印象のあるダークカラーは不適切です。白や水色、寒色系のパステルカラーなど、明るく爽やかな色合いの服装を心がけましょう。

清潔感のある飲食店の制服
▲(右)ポプリンコックシャツ七分袖[男女兼用][チトセ製品] AS6021
▲(左)ポプリンコックシャツ七分袖[男女兼用][チトセ製品] AS6022

仕事中に制服が油で汚れてしまうこともあると思います。こちらの記事では服についた油汚れの落とし方について解説しています。油汚れにお悩みの方はぜひ参考にしてください。

2-2.堅実な印象の服装

食品を扱う飲食業など、誠実な印象が重要となる業種の場合、服装も業種のイメージに合わせて堅実な印象のものにすると、お客さんからの印象が良くなります。会社指定の仕事服がない私服勤務の場合、ビジネスシーンに適した「オフィスカジュアル」をベースに従業員の服装を指示しましょう。

オフィスカジュアルに明確な定義があるわけではありませんが、飲食業の場合、男性はスーツに準ずる服装を基本スタイルにすると無難です。女性の場合は、「無地ブラウス+ひざ丈スカート」「襟付きのシャツ+テーパードパンツ」の組み合わせなど、カジュアルすぎないコーディネートを目指しましょう。

なお、接客業では「縫製の粗さが一目で分かる」「チープさが漂うボタン」など、安っぽい印象の服装は、堅実な印象とは正反対の印象を持たれやすいため避けましょう。また、「胸元が大きく開いている」「ボディラインが強調されている」など、露出が多くセクシーさが目立つ服の着用も避けることをおすすめします。

2-3.お店の雰囲気に合った服装

飲食業などの接客業では、お店を利用するお客さんが快適な時間を過ごせるよう配慮することが大切です。お店の雰囲気やコンセプトと従業員の服装がマッチしていないと、お客さんが違和感を覚える恐れがあるため注意しましょう。

従業員の制服は、お客さんの年齢層や性別、属性を考慮し、業種やお店の雰囲気、ブランドイメージ、コンセプトに調和した色合い・デザインを考えることが大切です。飲食業の場合は、「赤色など、元気なイメージで食欲をかき立てる色を制服の一部に取り入れる」「お客さんがくつろげるデザインにする」などの工夫を行いましょう。

レストランのユニフォーム・制服一覧はこちら

3.お客さんからの印象が良くなる身だしなみの3つのポイント

接客業では従業員の服装に配慮することも重要ですが、それ以外の身だしなみが疎かになっているとお客さんからの印象が悪くなってしまいます。特に衛生面や清潔感を気にするお客さんが多い飲食業では、細部まで身だしなみを整える必要があるでしょう。

それでは、飲食業などの接客業では、どのようなポイントに注意して身だしなみを整えると良いのでしょうか。ここでは、飲食業においてお客さんに好印象を持ってもらうための身だしなみポイントを3つ紹介します。採用担当者や従業員教育の担当者は、飲食業に適した身だしなみのポイントを押さえた上で、応募者の面接や従業員の指導・教育を行いましょう。

3-1.メイクはシンプルに

多くの業種・職種において、女性従業員が職場でメイクをすることは、身だしなみ・ビジネスマナーの一部と見なされています。特に飲食業は「幅広い年代のお客さんに対応する機会が多い」「食品を扱う」などの理由から、ノーメイクではなく安心感や清潔感のあるメイクが求められている業種です。

飲食業で働く女性従業員の場合、シンプルでナチュラルなメイクを心がけましょう。ベースメイクは厚塗りにならないよう注意します。ファンデーションを肌に塗りすぎてしまう人は「カバー力の高いアイテムを利用する」などの工夫をしてみましょう。

ポイントメイクも派手になりすぎないよう注意が必要です。形を整えた眉毛に髪の色と合ったアイブロウを軽くのせたり、自然な色のアイシャドウやチーク、リップを使用したりするなど、派手になりすぎないメイクを心がけてください。なお、ラメやグリッターが入った化粧品や匂いの強いものは使用しないようにしましょう。

3-2.清潔感のあるヘアスタイルに

接客業の中でも特に清潔感が求められる飲食業では、清潔感のあるヘアスタイルを心がけることが大切です。男性の場合、短髪にすると爽やかで誠実な印象となります。女性の場合は、顔まわりに前髪やサイドの髪の毛がかからないような髪型にセットすると、お客さんに明るく元気な印象を持ってもらいやすくなります。

また、ロングヘアの女性は「後ろで1つに結んで制帽に収める」「アップスタイルにする」など、髪の毛をきちんとまとめておくことも大切です。枝毛や切れ毛、激しい髪の傷み、寝癖があると不潔な印象を与えてしまうことに留意しましょう。

髪色は黒やダークブラウンのような、節度のある落ち着いた色が基本です。金や赤、青など個性が強く派手すぎるカラーリングは避けましょう。

3-3.爪は短めに

飲食店では食品を扱っているため、衛生面での管理が行き届いているかどうかを重視するお客さんは多いです。爪や指先は、接客時に目立つ部位であるため、爪が長かったり指先のケアが不十分であったりすると、お店全体が不衛生なイメージを持たれてしまう可能性があります。

指先を清潔に保ち、相手を不快にさせないようにするためには、爪の長さを短めに保つことが重要です。手のひらを見たときに、指先から爪の先がはみ出てしまわないような長さにキープしましょう。また、異物混入への不安を和らげるためにも、ネイルアート・マニキュアは避けたいです。

まとめ

接客業において、従業員の服装や身だしなみは、お客さんからの印象を決める大きな要素の1つです。特に飲食業は、多様な年齢・性別・属性のお客さんと接する機会が多いため、清潔感や堅実さを感じられる服装・身だしなみを心がけましょう。違和感によってお客さんの居心地が悪くならないよう、店舗の雰囲気やコンセプトに合わせることも大切です。

飲食業では服装だけではなく、身だしなみにも気を配る必要があります。「シンプルな化粧」「清潔感のあるヘアスタイル」「衛生的な短めの爪」などのポイントを押さえ、お客さんの好感度アップを狙いましょう。

飲食店ユニフォームの通販サイトユニコレ
▶飲食店ユニフォームの通販なら「ユニコレ」

原価率とは?計算方法から飲食店の経営判断における注意点も解説原価率とは?計算方法から飲食店の経営判断における注意点も解説前のページ

混紡とは|使われている生地の特徴や洗濯する際のポイントも次のページ混紡とは|使われている生地の特徴や洗濯する際のポイントも

関連記事

  1. 【新型コロナ対策】飲食店向けガイドラインを守って営業を再開しよう

    その他

    【新型コロナ対策】飲食店向けガイドラインを守って営業を再開しよう

    店舗営業の再開後も新型コロナウイルス感染症への不安を抱えていらっし…

  2. 原価率とは?計算方法から飲食店の経営判断における注意点も解説

    その他

    原価率とは?計算方法から飲食店の経営判断における注意点も解説

    飲食店を経営するにあたって、原価や原価率をどのように設定すればよ…

  3. 飲食店が潰れないようにするには?経営を成功させるポイントも

    その他

    飲食店が潰れないようにするには?経営を成功させるポイントも

    飲食店の経営は難しく、数年とたたないうちに廃業となるお店も少なく…

  4. 飲食店の接客で大切な言葉遣いマナー|間違いの例や電話対応の基本も

    その他

    飲食店の接客で大切な言葉遣いマナー|間違いの例や電話対応の基本も

    飲食店で接客する時の言葉遣いは、普段の話し言葉とは異なります。そ…

  5. 飲食店にマスクを導入する重要性・ルール|対策グッズの購入場所

    その他

    飲食店にマスクを導入する重要性・ルール|対策グッズの購入場所

    口を開け、飲む・食べる動作を行う飲食店では、特に飛沫感染の注意が必…

  6. 食品工場の暑さ対策4選|適切な温度環境・熱中症対策のポイント

    その他

    食品工場の暑さ対策4選|適切な温度環境・熱中症対策のポイント

    食品工場で働く労働者は、全身をユニフォームで覆われているた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ユニコレ夏祭りキャンペーン
  2. お知らせ
  3. お尻が隠れるエプロン
  4. お知らせ
PAGE TOP