Leeワークウェア

裾上げ・袖丈加工について

ユニコレの裾上げ・袖丈加工

「パンツの裾上げも一緒に頼みたい」「いつも着ている長袖のコックコートを夏用として半袖にしたい」
ユニコレでは裾・袖のカットも承っております。
ご依頼は年間数千件。熟練のスタッフが丁寧・迅速に、一枚ずつ手作業で仕上げています。

裾上げ加工

加工内容 加工方法 加工料金 納期
ズボン丈を短くする たたき仕上げ 1,100円(税込) 3〜7日
まつり仕上げ 1,100円(税込) 3〜7日

股下フリー(ハーフメイド)商品について

弊社で取り扱うズボンは、大きく2種類に分かれております。
股下仕上げがされており、すぐ着用いただけるものと、お客様の寸法に合わせて裾上げすることを前提とした、裾が切りっぱなしのものがございます。仕上げがされていないものはサイズ表に「股下フリー」「ハーフメイド」と表記されています。
この「股下フリー(ハーフメイド)」商品につきまして、注文時にカート画面からご希望の丈で裾上げ加工を追加することができます。裾上げ済み商品は裾上げをお受けすることができません。

股下フリー(ハーフメイド)商品の例

▲股下フリー(ハーフメイド)商品の例

裾上げ済み商品の例

▲裾上げ済み商品の例

ユニコレでの裾上げは、2種類からお選びいただけます。

たたき仕上げ(基本加工)

一般的な裾上げ方法です。ユニコレでは「たたき仕上げ」を基本の加工方法として採用しています。
裾の端をロックミシンで縁かがりした後、二つ折りにして、表から縫い目が見えるように縫製します。

長所:丈夫で縫い糸がほつれにくく、耐久性に優れている。(ワークパンツ向き)
短所:表から縫い目が見える。

たたき仕上げイメージ
まつり仕上げ

縫い目が表から見えにくい裾上げ方法です。
「まつり仕上げ」をご希望の場合はご注文時に備考欄にてお申し付けください。

長所:縫い目が表から見えにくいため仕上がりが綺麗です。(フォーマルパンツ向き)
短所:繰り返しの洗濯や、加工部分を引っ掛けてしまうと縫い糸がほつれてくる可能性があるため、耐久性に劣る。

まつり仕上げイメージ

袖丈加工

加工内容 加工料金 納期
既製品の長袖を
半袖、七分袖にカットする
1,100円(税込) 3〜4週間

注意事項

  1. 加工を行った商品の返品はお受けできません。
  2. 商品によっては、加工をお受けできない商品もございます。

裾上げ加工・袖丈加工の申し込み手順

STEP1 商品を選んだら、商品ページに入り、お好きなカラーとサイズを選択し、数量を入力のうえ、茶色のボタン「加工して注文する」をクリックします。 STEP1
STEP2 「裾上げ・袖丈加工をする」ボタンをクリックして入力欄を開きます。裾上げの場合はパンツのでき上がり寸法を入力、袖丈加工の場合は半袖か七分袖かを選び「入力内容の確認画面へ進む」ボタンをクリックします。 STEP2
STEP3

入力内容を確認して、商品をカートに入れます。

【修正する場合】
確認画面の「この加工内容を修正する」ボタンからSTEP2へ戻ります。
※カートに入った商品を修正したい場合は、カートから商品を削除し、STEP1からやり直してください。

【追加注文する場合】
同じ商品番号であれば、別加工を施したものをまとめて注文することもできます。カートに商品を入れる前に、確認画面の「別加工を追加する」で内容を選択してください。

<例>
  1. 違うカラーで裾上げ・袖丈加工を注文したい時
  2. 刺繍など、裾上げ・袖丈加工以外の加工も施したい時
STEP3

簡易裾上げ

お客様ご自身で裾上げ加工していただくことが可能な簡易裾上げテープもご用意いたしております。
ご希望の際は、下記よりご注文ください。
簡易裾上げテープ[白]はこちら
簡易裾上げテープ[黒]はこちら