ユニフォームのお悩み解決

公開日:2020.10.15  最終更新日:2020.10.15

【飲食店】ユニフォームの選び方!失敗しない制服選びのポイント

新規開業やリニューアルオープンに伴い、飲食店のスタッフにユニフォームを探している方は多いのではないでしょうか。ユニフォームの選び方にはいくつかポイントがあり、ちょっとしたコツを押さえれば、自分のお店に合うユニフォームを見極めることが可能です。

そこで今回は、飲食店におけるユニフォームの選び方をご紹介します。ユニフォーム選びで困ったときの対処法も説明しますので、ユニフォームの選び方で悩んでいる飲食店の経営者さまやオーナーの方はぜひ最後まで当記事を読んでみてください。

1.飲食店で着るユニフォームの選び方

飲食店におけるユニフォームは、お店のイメージを表現する「象徴」です。ユニフォームの質によって、お店の良し悪しが判断されることも少なくありません。
そのため、飲食店で着るユニフォームを選ぶ際には、お店のコンセプトなどブランディング視点を持つことが重要です。

ここでは、ブランディング視点から6つの項目を挙げて、飲食店で着るユニフォームの選び方について解説します。

1-1.【在庫】将来も十分な在庫はあるか

ユニフォームを選ぶときは、将来にわたり在庫を確保できるかどうかに注意する必要があります。たとえば、安価なファストファッション店でシャツやパンツなどを揃えた場合、製造中止などの理由で在庫を確保できなくなる可能性はゼロではありません。

すべてのスタッフが着用するユニフォームを統一させるためには、数年後も継続的に在庫を確保できる仕入れ先を選ばなければなりません。

ユニフォームの仕入れ先は、ユニフォーム専門店がおすすめです。ユニフォーム専門店では製造中止で在庫がなくなる心配は低く、数年後も同じユニフォームを仕入れられるでしょう。

1-2.【清潔感】付着した汚れは落ちやすいか

飲食店では清潔感が大事です。そのため、スタッフが汚いシャツやパンツ、エプロンなどを着ていると、お店のイメージが悪くなる可能性があります。
スタッフにユニフォームの管理を徹底するよう指示を出すことは簡単ですが、スタッフがいつも必ずユニフォームを清潔に保ってくれるとは言い切れません。

そこで、汚れても洗いやすいイージーケアの素材で作られたユニフォームを選ぶと、いつでもユニフォームをきれいに保つことが可能です。

また、飲食店では漂白剤を使用する機会が多くあります。イージーケア素材のユニフォームの中には、耐塩素・耐漂白剤の商品もあるため、漂白剤による色落ちも避けられます。

1-3.【コスト】組み合わせで安くできるか

ユニフォームのデザイン・機能性に納得していたとしても、コストが予算をオーバーしてしまっては本末転倒です。ユニフォームにかかるコストを安く抑えたいときは、まとめ買い割引対象商品を選び、トータルコーディネートで考える方法がおすすめです。

ただし、自分自身で制服のトータルコーディネートを考えると、手間と時間がかかる可能性があります。

どのようなシャツ・ズボンを組み合わせればよいかわからないときは、予算に合わせたユニフォーム選びをサポートするコンシェルジュがいる、ユニフォーム専門店を利用しましょう。

1-4.【名入れ】美しく耐久性のある刺繍はできるか

ユニフォームに店舗名などの名入れをすることには、スタッフ全員に一体感が生まれるというメリットがあります。

しかし、すべてのユニフォーム専門店が刺繍に長けているわけではありません。
刺繍に力を入れていないユニフォーム専門店に名入れを依頼すると、「刺繍のサイズに違和感がある」「刺繍の位置が不自然」「数回洗濯しただけで糸がほつれる」といった問題が発生することがあります。

そのため、ユニフォームの名入れ刺繍は豊富な実績のあるユニフォーム専門店に依頼しましょう。名入れ刺繍が得意なユニフォーム専門店であれば、店舗名・ロゴの細部まで忠実に再現し、耐久性のある美しい仕上がりとなります。

1-5.【デザイン】女性に配慮しているか

ユニフォームのデザインを決定するうえで、男性の店長・経営者・オーナーが見落としがちなポイントが女性への配慮です。

男性からすると問題のないデザインだとしても、女性にとっては気になる可能性があるため、次のようなデザインのユニフォームは避けるとよいでしょう。

  • 胸元が空いている
  • ユニフォームの素材が薄くて下着が透ける
  • 上着の袖やスカートの丈が極端に短すぎる

ユニフォームの細かなデザイン部分に配慮できていなければ、応募や面接の際に女性に入店を断られる可能性が高くなります。

男性だけでは判断することが難しいケースもあるため、女性スタッフも交えてユニフォームのデザインを決めましょう。

1-6.【機能性】期待する役割を果たしているか

飲食店のユニフォームと一口にいっても、スタッフの働き方によって必要な機能が異なります。

たとえば、火を扱う厨房スタッフのユニフォームは、スタッフが火傷しないように耐熱性のあるコックコートを選ばなければなりません。接客をメインとするホールスタッフのユニフォームには、ズボンもしくはエプロンにボールペンや伝票を入れられるポケットが必要です。
また、何回洗濯しても劣化しにくい耐久性が、すべてのスタッフのユニフォームに共通して求められます。

どのような役割をユニフォームに期待するかを考えたうえで、必要な機能性があるユニフォームを選ぶことが大切です。

2.ユニフォームの選び方におけるポイント

飲食店におけるオリジナルのユニフォームは、一度作ってしまうとやり直しがきかないため、できるだけ失敗を避けたいところです。

ユニフォームの選び方を考える際は、次の2つのポイントを押さえると、ユニフォーム選びで失敗する確率が低くなります。

  • 飲食店のコンセプトに合わせる
  • 納期が間に合うかどうか確認する

ここでは、ユニフォームの選び方における各ポイントについて詳しく説明します。

2-1.飲食店のコンセプトに合わせる

お店のコンセプトに合わせたユニフォームであれば、お客様からの好感度が上がりやすくなります。逆にユニフォームがお店のコンセプトに合っていなければ、お客様が離れてしまい、リピーターにつながらないこともあるでしょう。

たとえば、お店で和食を提供しているにもかかわらず、ユニフォームがフォーマル感の強い洋装だと違和感が生じます。些細な出来事ではありますが、お客様は細部まで見てお店の良し悪しを判断します。

そのため、店内インテリアの雰囲気や料理のこだわりを含め、お店のコンセプトに合うユニフォームを選定しましょう。

2-2.納期が間に合うかどうか確認する

ユニフォームを注文したとしても、必要なときに手元に届かなければ意味がありません。
そのため、大量にユニフォームが必要な場合は、納期にゆとりを持って注文する必要があります。

とはいえ、ユニフォームの注文は新規オープンやリニューアル時期に行われることが多く、開店準備に追われることで後回しにされがちです。

オープン準備で忙しくユニフォームの注文を後回しにしてしまった場合は、即日出荷に対応しているユニフォーム専門店に相談してみましょう。ユニフォーム専門店の中には、一週間前後でユニフォームを配送してくれるところもあります。

3.飲食店のユニフォームの選び方に迷ったら「ユニコレ」

飲食店のユニフォームを選びで迷ったときは、ぜひ「ユニコレ」を利用してみてください。
ユニコレを利用するメリットには、以下が挙げられます。

  • ◯コンシェルジュがユニフォーム選びをサポート

    長年のノウハウを活かして、コンシェルジュがユニフォーム選びをサポートしています。

  • ◯2~4日で商品を出荷!

    ユニコレでは即日出荷も対応しており、商品によっては最短2日でお届けすることが可能です。

まとめ買いした場合やロゴを入れた場合の料金は無料でお見積もりできるため、飲食店で着用するユニフォームを探しているときは「ユニコレ」をぜひチェックしてみてください。

まとめ

飲食店で着るユニフォームの選び方では、在庫・清潔感・コスト・名入れ・デザイン・機能性の項目に分けて考えます。また、ユニフォームがお店のコンセプトに合っているか、必要なときまでに届くかどうかを確認することもポイントです。

ユニフォームの選び方で迷ったときは、ぜひ「ユニコレ」を利用してみてください。「ユニコレ」では、豊富な知識を持つコンシェルジュがニーズに合うユニフォーム選びをサポートいたします。

飲食店ユニフォーム「ユニコレ」はこちらから

肩こりにお悩みの方はエプロンの見直しを肩こりにお悩みならエプロンの見直しを!肩のこらない付け方と選び方前のページ

飲食店ユニフォームの定番アイテムが集合!次のページお知らせ

関連記事

  1. 涼しい飲食店ユニフォーム

    ユニフォームのお悩み解決

    涼しい飲食店ユニフォーム/夏にぴったりのおすすめ4選

    こんにちは。お客様サポートのヨシです。もうすぐ8月、いよいよ夏…

  2. 男性・女性の胸囲の測り方|ユニフォームの購入で採寸すべき箇所

    アイテムの知識

    男性・女性の胸囲の測り方|ユニフォームの購入で採寸すべき箇所

    服を購入する際、デザインが気に入るかどうかを基準にする人は多いで…

  3. アイテムの知識

    ズボンの裾上げ|代表的な種類と詳しい方法をご紹介

    ユニフォームの見た目にズボンの裾丈が適切かどうか、また適切…

  4. エプロン 飲食店

    ユニフォームのお悩み解決

    飲食店向けエプロンの選び方。形別に違いとおすすめポイントをご紹介

    みなさま、こんにちは。ティーエッチエス スタッフのshuchanです。…

  5. 制服の勘定科目と仕訳方法!ユニフォームに関する経理の疑問を解消
  6. ユニフォームのお悩み解決

    美容師がエプロンを着用するメリットは?選ぶポイントも

    ヘアカラーやパーマなどで薬剤を扱う美容師は、私服が汚れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ユニコレ夏祭りキャンペーン
  2. お知らせ
  3. お尻が隠れるエプロン
  4. お知らせ
PAGE TOP