おすすめユニフォーム紹介

公開日:2023.10.25  最終更新日:2023.10.25

コックコートのブランド7選!おすすめのコックコートをご紹介

コックコートのブランド7選!おすすめのコックコートをご紹介

コックコートは、プロの料理人に欠かせないアイテムです。
しかし、ひと口にコックコートといえど、素材やデザインの違いによって、使用感が変わってきます。
「何を基準にコックコートを選べばよいの?」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、コックコートを選ぶ際のポイントと、定番のブランドやおすすめの製品を紹介します。
どんなコックコートを購入したらよいか迷ったときの参考にしてください。

コックコートの選び方

コックコートを選ぶ際には、以下の3点をチェックしましょう。

<コックコートを選ぶ際に見るべきポイント>

  • 素材
  • デザイン
  • サイズ

最適なコックコートの条件は、お店の業態や求める雰囲気によって変わります。
中華料理店のように強い火力での調理が必要なお店なら安全性を求めたいですし、高級感のあるレストランであれば、デザイン性を重視したいですよね。

この項では、コックコートを購入する際に見るべきポイントを、要素に分けて詳しく解説していきます。

1.素材

コックコートに使用される生地の素材には、主に以下の3種類が用いられます。

<コックコートに使用される主な生地の素材>

■ 綿100%

綿100%
綿100%は、耐火性と耐熱性に優れており、安全性に長けた素材といえます。
燃えにくい生地であるため、中華料理店のように、強火での調理が必要な業態でも、安心してご利用いただけます。

ただし、しわになりやすく縮みやすい素材なので、アイロンをかけるといった普段のお手入れが不可欠です。

■ ポリエステル100%

ポリエステル100%
ポリエステル100%の生地は、肌触りのよさと速乾性、シルキーな光沢感が強みです。
柔らかい質感を持つポリエステル100%の生地は、着用時のごわつきを感じにくいですよ。
また、しわになりにくく、速乾性に長けているので、洗濯後のお手入れも簡単です。

しかし、ポリエステルは熱に弱いため、調理時の熱で繊維が溶けたり、引火したりするおそれがあるので、火をよく使う厨房での使用は避けたいところです。高級感のある光沢と着心地の良さから、デザイン性を重視したレストランや、ホールスタッフ用の制服の素材として適しています。

■ 綿・ポリエステル混紡

綿・ポリエステル混紡
最後に、綿とポリエステルの混紡タイプです。
その名の通り、綿とポリエステルの繊維を混ぜて紡いだ生地を指します。
それぞれの繊維をどのような割合で使っているかは、製品によって異なりますが、総じて綿とポリエステルの良さをあわせ持った万能タイプといえるでしょう。

綿100%よりしわになりにくいうえに乾きやすく、ポリエステル100%より熱に強く、燃えにくいのが特徴です。

コックコートに使用している素材の特徴を理解して、お店に適した製品を選びましょう。
このように、素材の違いによって、得られるメリットとデメリットが異なります。

2.デザイン

コックコートのデザインは前身頃と袖の長さに注目
コックコートをデザインで選ぶ際には、コックコートの正面に位置する前身頃と、袖の長さに注視しましょう。

■ コックコートの前身頃

コックコートの前身頃のデザイン
一般的に、コックコートは安全性を重視して前身頃が二重になるデザインを取り入れています。
前身頃が二重になっている理由は、たとえ調理中に熱湯をこぼしたとしても、着用者の肌まで染み込みにくくするためです。

最近では、前身頃にデザイン性を取り入れたユニークなコックコートが増えています。
ボタンが縦一列に並んだシンプルなタイプから、前身頃が左右非対称になったアシンメトリータイプもあり、ファッション性を重視するなら、着目したいポイントです。

■ コックコートの袖の長さ

コックコートの袖の長さ
次に袖の長さですが、コックコートの袖は主に長袖と半袖に分かれており、安全性を考慮するなら押さえておきたい点です。
揚げ物など、熱した油を多用する調理場では、熱い油が腕に跳ねて、やけどを負う危険性があります。
その点、長袖のコックコートを着用していれば、袖が腕を覆っているので、油が腕に跳ねてもやけどの心配はありません。

一方半袖は、動きやすさと通気性に優れており、夏場や暑い厨房で重宝されています。

3.サイズ

コックコートのサイズ

コックコートは、通常の衣服に比べてゆったりとしたサイズ感で作られています。
また、男女兼用の製品が多いので、購入時のサイズには気をつけたいところです。
大きすぎるサイズを購入してしまうと、業務中に備品や鍋に引っ掛けるといった事故につながりかねません。

コックコートは、肩幅と胸囲、着丈と袖丈で構成されているので、これらの寸法を計測して、適切なサイズの製品を選びましょう。

コックコートの定番ブランド

コックコートの定番ブランド

ここでは、コックコートの定番ブランドを海外と国内に分けて、7社紹介いたします。

【海外編】ブランドコックコート

海外ブランドのコックコートは、こだわり抜かれた品質の高さと、近代的なデザインをあわせ持つものが多いです。
三ツ星シェフのような、気品にあふれるスマートな着こなしを求める方におすすめです。

BRAGARD ブラガール(フランス)

ブラガールは、1933年に設立されたフランスの老舗ブランドです。
ブラガールが開発した、デザイン性と機能性を追求したコックコートは、世界中の三ツ星シェフから愛されています。

生地の品質にこだわり抜いたコックコートは、一度着たら忘れられないような肌触りを実現しました。
職人の手作業で仕立てられており、快適な着心地はもちろん、耐久性や汚れの落ちやすさを兼ね備えています。
また、デザインはクラシックからモダンまで幅広く取り揃えています。

BRAGARD(ブラガール)公式サイトはこちら

CLEMENT クレマン(フランス)


クレマンは、1997年に設立されたフランスのコックコートメーカーです。
「最大限の自由度でワークウェアを作成する」という哲学のもと、従来の固定概念にとらわれない、近代的なデザインのコックコートを製造しています。

また、クレマンの強みは、デザインだけではありません。
要所にメッシュ素材を取り入れることで、動きやすくて丈夫なうえに、通気性に優れた実用性の高いコックコートも取り扱っています。
素材とデザイン、機能性にこだわり抜いた、最先端のワークウェアを提案しています。

CLEMENT(クレマン)の公式サイトはこちら

EGOCHEF エゴシェフ(イタリア)

EGOCHEF エゴシェフ(イタリア)
エゴシェフは、イタリアを代表する老舗メーカーです。
1911年に創業して以来、「厨房に実用性とエレガンス」を理念に、品質にこだわり抜いた革新的な製品を提供しています。
イタリアらしいカラフルな柄や色合いを取り入れたコックコートが、エゴシェフの持ち味です。

また、女性シェフのための、フェミニンなシルエットを取り入れたデザインも数多く考案しています。

EGOCHEF(エゴシェフ)の公式サイトはこちら

【国内編】ブランドコックコート

国内ブランドのコックコートは、丁寧な仕立てと、幾度にもわたる検品に裏打ちされた品質の高さに定評があります。
安全性と耐久性に優れたコックコートをお求めの方におすすめです。

セブンユニフォーム

セブンユニフォーム ロゴ
セブンユニフォームは、1952年創業の老舗白衣メーカーです。
シンプルかつ機能性に優れた製品を、多く取り扱っています。

「涼しいコックコートが欲しい」という現場の声から、薄くて通気性が良いうえに、耐久性に優れた新素材を開発するなど、製品へのこだわりが随所に見受けられます。
国内外を問わず、多くのシェフから愛されるブランドです。

チトセarbe(アルベ)

チトセアルベ ロゴ

チトセarbe(アルベ)は、「半歩先を行く商品開発」を理念に掲げる大手作業着メーカーであるチトセの、飲食業とサービス業に特化したユニフォームブランドです。
現場で働く方々の困っていることを徹底的にリサーチし、着用者が理想とするコックコートの「半歩先」を行く商品開発を図っています。

そのため、実用性の高さとデザイン性を兼ね備えた幅広いラインナップを展開しています。

住商モンブラン

住商モンブラン ロゴ
住商モンブランは、大阪に本社を構えるコックコートメーカーです。
並々ならぬ白衣へのこだわりから、白い山と称されるヨーロッパの最高峰「モンブラン」を社名に取り入れました。
コックコートの機能性に重点を置きつつ、豊富なデザインとカラーバリエーションを取り揃えています。
動きやすさと着心地にくわえ、品格や華やかさを演出するデザインは秀逸です。

また、環境への配慮にも力を入れており、使用済みのペットボトルで作った再生繊維を用いた自然に優しいコックコートの開発にも取り組んでいます。

KAZEN

KAZEN ロゴ
KAZENは、時代のニーズを捉えた革新的なコックコートを製造するユニフォームメーカーです。
「プロを輝かせる服」を会社のコンセプトに置き、70年以上にわたって白衣の製造と販売を続けてきました。

一見、ベーシックなコックコートにも独自の加工を施し、かつてない動きやすさを可能にしました。
デザイン性と実用性を兼ね備えたコックコートを提供しています。

タイプ別!おすすめのコックコート8選

ここでは、コックコートを5つのタイプに分けて、おすすめの製品を紹介します。
ご自身のお店に合うコックコートを選ぶ際の参考にしてください。

ベーシックなタイプ

以下で紹介するのは、昔ながらのベーシックなデザインと、安全性を兼ね備えたコックコートです。
お店の雰囲気を選ばずに、幅広くご活用いただけます。

【チトセ】ツイルコックコート半袖AS7301

ホワイト
サイズ
SS/S/M/L/LL/3L/4L/5L
特徴
チトセのツイルコックコート半袖は、夏の暑い厨房に最適です。
ポリエステルと綿の混紡ツイル生地を使用しているので、さらっとした肌触りと、柔らかな着心地が持ち味です。

また、定番のシンプルなデザインなので、着る人を選びません。
サイズはSS~5Lの全8段階で取り揃えておりますので、男女問わずご着用いただけます。

詳細を見る

【チトセ】ツイルコックコート長袖AS7300

ホワイト
サイズ
SS/S/M/L/LL/3L/4L/5L
特徴
ツイルコックコート長袖は、チトセの製品の定番コックコートです。
一見、生地が厚いように見えますが、着心地は軽く、柔らかいのが特徴です。
着たときのごわつきが少なく、スマートに着こなしていただけます。

また、洗濯後のしわが生じにくいので、お手入れが簡単です。
ご購入されたお客様からも「コストパフォーマンスが良い」とのご意見を多数いただいています。

詳細を見る

カジュアルなタイプ

ここで紹介するコックコートは、カフェなどのカジュアルなお店にぴったりの製品です。
柄やカラーバリエーションが豊富で、かわいらしい雰囲気を出したいときにおすすめです。

【チトセ】コックシャツ七分袖AS8523

レッド/ネイビー/ブラウン/ブラック/ベージュ
サイズ
SS/S/M/L/LL/3L/4L
特徴
チトセのコックシャツ七分袖は、カフェやパン屋、ケーキ屋といった業態で使いやすい製品です。
シャツのような薄手の生地なので、夏場や暑い厨房でも快適に着用できます。

ギンガムチェックのかわいらしいデザインが特徴的で、デニムとの相性が良く、カジュアルな着こなしにもってこいのアイテムです。
男女兼用になりますが、SS~4Lの7サイズを展開しているので、従業員にぴったりのサイズが見つかるはずです。

詳細を見る

【住商モンブラン】コックコート長袖BW6501

ブラック✕グレー/ホワイト✕ブラック/ベージュ✕ブラウン/ブラウン✕ベージュ
サイズ
SS/S/M/L/LL/3L
特徴
住商モンブランの長袖コックコートは、シンプルなデザインをベースに、配色テープと立体的なボタンを取り入れて、現代的に仕立てた製品です。
厨房にいても目を引くような、スタイリッシュなデザインのコックコートです。

定番のブラックからブラウン、ベージュ、ホワイトの4色を展開しています。
左袖には、便利なペン差しポケットもついており、利便性も抜群です。

詳細を見る

スタイリッシュなタイプ

襟付きのスタイリッシュなコックコートです。
イタリアンレストランや、カフェバーのような落ち着いた雰囲気に適しています。

【住商モンブラン】ツイルコックコート長袖6-102

白/黒
サイズ
SS/S/M/L/LL/3L
特徴
住商モンブランのツイルコックコート長袖は、シャツのような襟付きのシックなコックコートです。
やや開き気味の襟元と、細身のシルエットがこなれ感を演出します。

生地の質は丈夫なうえに、十分な厚さがあるので、透ける心配はありません。
腐食しにくく、強度のあるスナップボタンを採用しているので、耐久性も申し分ないですよ。

詳細を見る

【住商モンブラン】ツイルコックコート長袖6-103

白/黒/ネイビー
サイズ
SS/S/M/L/LL/3L
特徴
こちらの住商モンブラン製の長袖コックコートは、丸みのある襟が印象的です。
スナップボタンを使用した前合わせのスタイルと、余計な装飾のないミニマルなデザインですっきりとした印象を与えます。

カラーは定番の白にくわえ、使い勝手のよい黒とネイビーの3色を展開しており、お店のイメージに合わせた使い分けが可能です。

詳細を見る

ブラックタイプ

お店に落ち着いた雰囲気や高級感を演出したいときには、黒色のコックコートを検討してみてはいかがでしょうか。
フレンチレストランやバルといった業態にうってつけです。

【KAZEN】コックシャツ五分袖628

ブラック/ホワイト
サイズ
SS/S/M/L/LL/3L/4L*/5L*/6L*/7L*/8L*/9L*

*印のあるサイズは受注生産サイズです
特徴
KAZENのコックシャツは、カフス仕立ての5分袖が特徴です。
ビジネスシャツでよく使われるアゼック生地を使用し、さらっとしたさわやかな着心地と、優れた通気性を実現しました。
男女問わず、スマートな着こなしが可能です。

詳細を見る

【住商モンブラン】ツイルコックコート長袖6-90

白/黒/黒/グレー/濃茶/ベージュ
サイズ
S/M/L/LL/3L
特徴
住商モンブランのツイルコックコートは、センターに入った2本のラインと、パール調のドットボタンが個性的な製品です。
コットンのような柔らかい風合いと、さらっとした肌触りで着用時のストレスを軽減します。

クールな黒のほかに、柔らかい印象の白とブラウンの色味もございます。

詳細を見る

素材やデザインを理解してお店に最適のコックコートを選ぼう

コックコートには、素材やデザインによって得られるメリットが異なります。
安全性を重視するなら綿素材を選びたいですし、動きやすさや手軽さを優先するならポリエステル素材が最適です。
また、コックコートのデザインによって、お店の雰囲気はガラッと変わります。
デザインにこだわった独自性のあるコックコートも増えてきているので、お店に取り入れたい雰囲気に合うコックコートを選びたいところですね。

ユニコレでは150種類以上のコックコートを取り扱っております。
あなたのお店に合ったコックコートを探す際に、ぜひご活用ください。

飲食店ユニフォームの通販サイトユニコレ
▶飲食店ユニフォームの通販なら「ユニコレ」

お知らせユニフォームの買い替え・買い足しにおすすめ!チトセ秋のキャンペーン前のページ

ドラマ「フェルマーの料理」ユニフォーム衣装提供情報次のページフェルマーの料理

関連記事

  1. エプロン 燃えにくい

    おすすめユニフォーム紹介

    燃えにくいエプロンで厨房業務も安心安全!おすすめアイテムのご紹介

    みなさま こんにちは!あんなに暑かった夏も終わり、すっかり秋。朝夕…

  2. 和食 制服 ユニフォーム

    おすすめユニフォーム紹介

    この制服がおしゃれ!和食店・割烹におすすめのユニフォーム

    こんにちは!「ユニフォームコレクション」略して「ユニコレ」のタカハシで…

  3. デニムエプロンの選び方を解説!おすすめのデニムエプロンも紹介

    おすすめユニフォーム紹介

    デニムエプロンの選び方を解説!おすすめのデニムエプロンも紹介

    デニムエプロンはデザインがシンプルなため、性別問わず人気のエプロ…

  4. コックコート・コックシャツに合う帽子

    おすすめユニフォーム紹介

    帽子がおしゃれ!コックコート・コックシャツのカジュアルな着こなし

    コックコートやコックシャツと言えば「コック帽」を使ってコーディネートす…

  5. 落ち着いたカラーの飲食店ユニフォーム

    おすすめユニフォーム紹介

    居酒屋さんの制服にピッタリ!ポロシャツ・Tシャツのおすすめ商品

    今日もユニコレにご訪問いただいてありがとうございます。THSスタッフの…

  6. おしゃれコックコート5選

    おすすめユニフォーム紹介

    おしゃれなコックコート5選。売れ筋をご紹介!

    こんにちは。制作スタッフのゆみです。5月が終わると祝日が全…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. お知らせ
  2. ドラマ「イップス」
  3. 撥水エプロンなら業務用がオススメ
PAGE TOP