おすすめユニフォーム紹介

公開日:2018.11.22  最終更新日:2023.08.28

デニムエプロンの選び方を解説!おすすめのデニムエプロンも紹介

デニムエプロンはデザインがシンプルなため、性別問わず人気のエプロンです。デニムエプロンは種類が豊富で、調理時やアウトドア作業時など、着用場面によって最適なデザインや種類が異なります。デニムエプロンの特徴や機能性を知り、自分に合った1着をお選びください。

当記事では、デニムエプロンの選び方やメリット・デメリット、またおすすめのデニムエプロンを紹介します。デニムエプロン選びに困っている人の参考になれば幸いです。

1.デニムエプロンの選び方

デニムエプロンは生地が丈夫で耐久性があり、シンプルでお洒落なエプロンです。デニムエプロンと言っても、形や長さ、ポケットがついているなど、さまざまなものがあります。デニムエプロンを購入する際は、自分の用途に合わせたデニムエプロンを選ぶことが大切です。

ここでは、デニムエプロンの種類とそれぞれの特徴、デニムの色について紹介します。

1-1.デニムエプロンの種類

デニムエプロンの種類には、胸当てエプロン(ビブエプロン)と腰エプロン(カフェエプロン)の2種類があります。

胸当てエプロン
胸当てエプロンは胸から膝までを覆うエプロンのことです。ひもを肩や首にかけて着用します。体のほとんどをカバーしているため、汚れやすい場面での作業服として着用するのがおすすめです。調理場で働く人や、ガーデニングなどを行う人がよく着用します。
腰エプロン
腰エプロンは腰から下を覆うエプロンのことで、腰にエプロンを巻いて着用します。上半身があまり汚れない作業時に着用するのがおすすめです。飲食店のホールスタッフやソムリエなど、接客をメインに働く人が着用します。腰エプロンにはポケットが付いているものが多く、機能性が高いのが特徴です。

1-2.胸当てデニムエプロンの種類

胸当てエプロンには、以下の4種類があります。

たすき掛け胸当てエプロン
たすき掛け胸当てエプロンとは、肩ひもと腰ひもがX型に交差した、クロスタイプのエプロンです。腰でひもを結んで着るため、エプロンが体にフィットし、すっきりしたシルエットになります。ただし、ひもが多く着脱しにくいというデメリットがあります。
H型胸当てエプロン
H型胸当てエプロンとは、背中側がH型になっているエプロンです。腰回りにあるボタンを留めて着るため、エプロンが体に密着せず着心地はゆったりしています。しかし、シルエットが少し太く見えるデメリットがあります。着脱しやすく動きやすいのが特徴です。
首掛け型胸当てエプロン
首掛け型胸当てエプロンとは、肩ではなく首にひもをかけるタイプのエプロンです。腰ひもで結んで着るためスッキリして見え、着脱も簡単にできます。ただし、長時間着用するとエプロンの重みで首や肩が凝りやすくなります。
かぶるタイプの胸当てエプロン
かぶるタイプの胸当てエプロンとは、背中からお尻まで覆うことができるワンピースのようなエプロンです。首からかぶり、背中側の腰ひもを前で、お腹側の腰ひもを後ろで結んで着用します。2回腰ひもを結ぶ必要がありますが、エプロンが体にフィットするため体のラインが美しく見えます。

1-3.腰デニムエプロンの種類

腰エプロンには、以下の4種類があります。

ショートエプロン
ショートエプロンとは丈が35~50cm程度のエプロンで、丈が短いので軽快に動けるのが特徴です。ポケットが複数付いているものもあり、機能性に優れています。
ミドルエプロン
ミドルエプロンとは丈が50~60cm程度のエプロンで、ひざ下あたりまでカバーします。ショートエプロンよりカバーされるので服が汚れにくく、ロングエプロンより丈が短いため動きやすいのが特徴です。
ロングエプロン
ロングエプロンとは丈が70~95cm程度のエプロンで、くるぶしあたりまでカバーします。ソムリエが着用することが多いエプロンです。カバー力が高いですが、丈が長いため多少動きにくさがあります。
帆前掛け
帆前掛けとは、紺色の生地に紅白のひも、裾にフリンジが付いた伝統的なエプロンです。和風のデザインが多く、老舗の酒屋や米屋、居酒屋などの店員がよく着用します。

1-4.デニムエプロンの色

デニムの色でもっとも多いのはブルー系で、「ライトブルー」「ブルー」「インディゴブルー」「アイスブルー」の4種類があります。

ライトブルーは明るい色味なので、カジュアルで爽やかな印象を与えます。ブルーはデニムの中で一番オーソドックスな色味です。レトロな印象を与える、鮮やかな青色をしています。インディゴブルーは黒色に近い暗めの青色で、きちんと感が出ます。アイスブルーは白色に近い水色で、きれいめな印象を与えるのが特徴です。

デニムエプロンの色は、ブルー系以外にもブラウンやグリーン、ダークグレーなどさまざまな色があります。色によって与える印象が異なるため、イメージに合った色を選びましょう。

2.デニムエプロンのメリット・デメリット

デニムはインディゴ染料で染めた経糸と、染料をしていない緯糸で織った織物のことを言います。デニムエプロンは、調理時やDIYなどのさまざまなシーンで活用できる一方、使用時や洗濯時に気を付けなければならないポイントもあります。

ここでは、デニムエプロンのメリットとデメリットについて紹介します。

2-1.デニムエプロンのメリット

デニムエプロンは生地に厚みがあり丈夫で、耐久性に優れています。使い始めは少し生地が硬いですが、使うほど柔らかくなるのが特徴です。摩擦に強く、破れても補修して長期間愛用できます。洗濯すると色落ちしますが、色味や風合いの変化など、生地の経年劣化が楽しめるのも魅力です。

最近のデニムエプロンには綿だけでなく、ウールや麻、ナイロン、ポリエステルなどの合成繊維も使用されています。使用されている素材によって丈夫さや肌ざわりが変わるので、好みに合わせて選ぶのがおすすめです。またデニムは無地でシンプルなため、どのような服にも合わせやすいこともメリットです。

2-2.デニムエプロンのデメリット

デニムに使われているインディゴ染料は色落ちしやすく、他の洗濯物と一緒に洗うと色移りする可能性があります。白いTシャツは特に色移りしやすいため、デニムエプロンを購入してしばらくはデニムエプロンだけで洗いましょう。

また、デニムは生地の厚さから、乾きにくいデメリットもあります。生地が重なっているところは特に乾きにくいため、広げて風通しのよい場所に干しましょう。

3.おすすめのデニムエプロンを3つ紹介

ストレッチデニムエプロン[男女兼用][住商モンブラン製品] 5-64

特におすすめなのが、こちらの「ストレッチデニムエプロン」。腰のポケットに加え、胸にもペンが収納できる長めのポケット付きです。水や油、汚れを防ぐ加工も施され、機能性も高いエプロンとなっています。

■おすすめポイント1: 目を惹くステッチ色

黒とブラウン、グリーンの3色展開になっており、目を惹くステッチがデザインのアクセントになっています。デニム生地ならではのデザインです。

飲食店 エプロン デニム

■おすすめポイント2: 着やすいさしこみバックル!

エプロンの留める部分がバックルになっており、着脱がしやすい胸当てデニムエプロンです。
腰の後ろでひもを結ぶ手間がかからないだけでなく、結び目が緩くひもが解けてしまうこともなく安心です。

飲食店 エプロン デニム

■おすすめポイント3: ちょっとやそっとの動きじゃズレない肩ひも

後ろのひもの部分が下写真のように固定されているので、ズレにくいです。
大きく腕を上げるときなど、肩ひもが落ちてくる煩わしさがありません。そのような日常的に発生するお悩みを解決してくれる一工夫が施されています。

飲食店 エプロン デニム

次に、このデニムエプロンをいかしたコーディネートをご紹介します。

■おすすめコーディネート1: どこでも、誰でも似合う「ボーダー」

ボーダーは飲食店に限らずどんな場所でも、デニムエプロンと合わせて使いやすい万能なデザイン。
美味しいパンケーキ屋さん、フラワーショップの店員さんまで取り入れやすいコーディネートです。

飲食店 ユニフォーム ボーダー

■コーディネートアイテム

飲食店 ユニフォーム ボーダー 飲食店 ユニフォーム エプロン
カットソー8分袖 BW2507 ストレッチデニムエプロン 5-64

■おすすめコーディネート2: きちんと、おしゃれに決まる「ギンガムチェックシャツ」

無地のシャツでもおしゃれですが、ギンガムチェック柄を合わせることで今風のコーディネートに。
知的な印象も漂うので、本屋さんのユニフォームにもおすすめです。

飲食店 ユニフォーム チェックシャツ

■コーディネートアイテム

飲食店 ユニフォーム チェックシャツ 飲食店 ユニフォーム エプロン
シャツ長袖 BW2504 ストレッチデニムエプロン 5-64

▶ 住商モンブランの商品一覧はこちら

その他にも、飲食店ユニフォームの通販サイト「ユニコレ」では、さまざまなデニムエプロンを取り扱っています。以下2点のデニムエプロンもお客様より評価の高い商品です。

デニムミドルエプロン[男女兼用][セブンユニフォーム製品] CT2396
  • デニムミドルエプロン[男女兼用][セブンユニフォーム製品] CT2396
  • 薄手ながら丈夫で、色褪せの少ない腰デニムエプロンです。インディゴとグレーの2色展開で、性別問わず着用しやすいナチュラルテイストのデザインになっています。全面には大きめのWポケットが付いており、小物を入れられて便利です。

デニムミドルエプロン[男女兼用][セブンユニフォーム製品] CT2396はこちら

デニム調胸当てエプロン(首掛け)[男女兼用][ボストン商会製品] 27340
  • デニム調胸当てエプロン(首掛け)[男女兼用][ボストン商会製品] 27340
  • 軽くて通気性や速乾性、耐久性に優れたフリーサイズの胸当てデニムエプロンです。色落ちしにくく、シワもできにくいためアイロンをかける必要がありません。ストレッチ性があって動きやすく、汗をかいてもすぐ乾くのが特徴です。前にはWポケット、後ろには伝票などが入る大きめのポケットが付いています。

デニム調胸当てエプロン(首掛け)[男女兼用][ボストン商会製品] 27340はこちら

まとめ

デニムエプロンは丈夫で長持ちしやすく、使っていく中で色味の変化なども楽しめるエプロンです。エプロンの種類は胸当てエプロンと腰エプロンの2つがあり、胸当てエプロンは形、腰エプロンは丈の長さによってさらに細分化されます。汚れのカバー力や動きやすさなどを考慮して、自分に合ったデニムエプロンを選びましょう。

飲食店ユニフォームの通販サイト「ユニコレ」では、紹介したデニムエプロンの他にも、さまざまなデニムエプロンをご用意しています。デニムエプロンの購入を検討している人は、ぜひユニコレをご利用ください。

【終了しました】<12/16(金)まで>チョコレート缶が当たる★クリスマスプレゼントキャンペーン前のページ

年末年始休業日のご案内次のページお知らせ

関連記事

  1. KAZENの人気調理白衣を着てみました

    おすすめユニフォーム紹介

    KAZENの人気調理白衣を着た感想|「商品試着会」レポート

    ごきげんよう!たにちゃんです。今回は、私が「商品試着会」で…

  2. 撥水エプロンなら業務用がオススメ

    おすすめユニフォーム紹介

    安い&高品質。撥水エプロンは業務用がオススメ!

    目次1. 撥水エプロンとは?防水エプロンとの違…

  3. 肩こりにお悩みの方はエプロンの見直しを

    アイテムの知識

    肩こりにお悩みならエプロンの見直しを!肩のこらない付け方と選び方

    調理や洗い物など、下を向く場面も多い飲食業のお仕事…

  4. おしゃれな胸当てエプロン
  5. コックシューズ[男女兼用][KAZEN製品] 468-6
  6. イメージ画像

    おすすめユニフォーム紹介

    夏の制服におすすめ!おしゃれな業務用アロハシャツ6選

    こんにちは。サポートスタッフmarchです。6月も後半ですね。例年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. お知らせ
  2. ドラマ「イップス」
  3. 撥水エプロンなら業務用がオススメ
PAGE TOP